派遣の秘書の仕事スタイルは正社員とどう違うの?


キャリアが豊富な人は短時間の勤務で高収入を狙える

派遣の秘書は正社員とは異なり、週に2日程度から希望に応じて出勤日数を選択でき、職場によっては残業が免除されることもあります。たとえば、長く有名企業で役員の秘書を務めたことがある人や、ベテランとして複数の企業を渡り歩いた人は、短時間の勤務でも高収入を稼げるケースがあります。最近では、多様な働き方を認めている企業の数が全国的に増えており、様々な業種の大手を中心に経験豊かな派遣の秘書の活躍に期待が集まっています。そうした中、スケジュール管理や来客対応、アポイントメントといったスキルを活かして派遣の秘書の仕事をしたい場合には、基本給が高めに設定されているところや、経験や資格の種類に応じた手当があるところを就職先に選ぶのがおすすめです。

優秀な人は契約更新を繰り返して正社員を目指せる

派遣の秘書として成果を上げた人や、取引先や顧客から高く評価されている人は、一定期間働いた後に正社員になれるケースも少なくありません。特に、業績が好調の大手企業の中には、秘書の新卒や中途の採用を行うだけでなく、派遣の秘書の正社員登用を積極的に行っているところもあります。そうした中、安定した待遇で働きたい人は、派遣会社の担当者と相談をしつつ、正社員登用の可能性や選考の条件について調べたうえで勤務先を決めることが大切です。なお、派遣の秘書として採用された際の年齢が高い人や、毎月の勤務日数が少ない人は、企業の方針によって正社員登用の対象外となることもあるため注意しましょう。

起業後、自分ひとりで業務を回していくことに限界を感じたら秘書の派遣を検討するのも手です。専門スキルを持った信頼できる人を派遣して貰うことができます。