期間工の働き方はどんな魅力があるのだろう?職場選びをする時に大事なポイントは?


お金を貯めたい人は社員寮完備の職場を探してみよう

期間工の働き方は、数か月から一年ほどの契約期間が定められており、必ずしも契約更新ができるとは限りませんが、特別なスキルや資格、経験が無い人も採用されやすいといった特徴があります。各地に多数の工場を経営しているメーカー中には、期間工に対しても正社員と同じ条件で社員寮の提供をしているところも多くあり、在職中にしっかりとお金を貯めたい人にとって大きな魅力があります。最近では、全ての希望者が入社後すぐに社員寮を利用できるところや、家賃や光熱費の一部を会社側が負担しているところもあるため、じっくりと職場探しをするのがおすすめです。なお、社員寮の利用の可否や具体的な費用については、勤務先次第となるため採用選考の際にきちんと担当者に説明を受けることが重要です。

年齢が若い人は正社員登用のチャンスがあるか調べよう

若手の作業員が活躍している工場の中には、年齢が若い期間工を対象に、勤務成績や所属長の評価に応じて社員登用を積極的に行っているところもあります。特に、夜勤や早番などの変則勤務に対応でき、ひと通りの業務をスムーズにこなせる期間工は、数回契約を更新した後に正社員になれる可能性が高い傾向が見られます。そこで、期間工から正社員を目指したい人は、求職中に各地の工場の正社員登用の実績を確認したり、登用時の条件について調べたりすることが大切です。その他、工場によっては、機械や電気、化学など仕事に直結する資格や検定を取得した人を優先的に正社員に登用しているところもあります。

期間工とは、製造業界での求人が主で、働く期間が決まっている契約社員のことです。短期間で高収入を得られます。