プラントの施工管理はキツイ仕事?どんな人が向いている?


プラントの施工管理とは?

私たちが生活する上で必要なエネルギーや食品、医薬品などを生産している工場のことをプラントといいます。プラントでは製造から設備の管理まで様々な業務があり、生産設備を整え作業が効率よくスムーズに進むことができるように管理するのが施工管理の仕事です。工場の新設や増設、改修だけでなく、既存プラントの保守や点検にも携わります。つまり、プラントの施工管理は、私たちの生活を支えてくれている重要な仕事と言えるでしょう。

プラントの施工管理はどんな人が向いているのか?

プラントの施工管理は、設計や製造、品質の管理からメンテナンスまでと仕事内容は多岐にわたります。それぞれの作業は専門の職人や作業員が行いますが、管理する側も専門的な知識が必要となります。施工管理は特に資格は必要はないのですが「土木施工管理技士」「管工事施工管理技士」などの資格があれば就職には有利です。プラントによっては、必要な資格があれば資格取得の支援を行っているところもあります。

プラントでの業務は各部門ごとの現場で働く人と関わりながら仕事を進めていくものです。プロジェクトや作業全体を見渡せる力と、スケジュールを管理するマネジメント能力も求められます。円滑なコミュニケーションをとることができ、冷静な判断で的確な指示を出せる人が向いています。また、施工管理は日々の保守点検などの他に、大きなプロジェクトを請け負う場合もあります。責任やプレッシャーを伴いますが、プロジェクトを成功させれば達成感を味わえるでしょう。仕事にやりがいを求めている人にも施工管理の仕事は向いているといえます。

プラントの施工管理は、製造業などで活躍する職業です。科学技術やシステム開発などの知識を応用し、社会に貢献します。